ICUでカイロプラクティックの講演 |【三鷹市の整体】ファミリーカイロ三鷹院

三鷹 吉祥寺 の ファミリー カイロプラクティック 整体院 腰痛 肩こり 頭痛 専門 クロスバー

母校ICU(国際基督教大学)で14年間、
カイロプラクティックや姿勢の講演をしています

三鷹 吉祥寺 の ファミリー カイロプラクティック 整体院 腰痛 肩こり 頭痛 専門 クロスバー

ICU大学祭のイベントの1つとして、
ICU同窓会企画「姿勢チェック&カイロプラクティック健康教室」を、
2002年から2015年の14年間で計56回開かせていただいております。

 

ICU同窓会会館(アラムナイハウス)で講師を務めさせていただいております。

 

ICU卒業生(2000年、44期)として、母校のICUでカイロプラクティックの講演ができるというのは、この上ない喜びです。

カイロプラクティックの体験施術を行っています。

 

カイロプラクティックが痛くなく、ほんの少し調整しただけでも効果が出ることを実感していただいています。

ボランティア協力者には、
ICU同窓会の同窓生やそのご家族のみなさん、 三鷹院の来院者のみなさん、仲間のカイロプラクター、カイロプラクティック大学の学生のみなさんです。

 

毎年たくさんのみなさんに、
受付や、姿勢チェックを手伝っていただいております。

この場を借りて感謝いたします。

 


出典元:ICUアラムナイニュース2009年3月号

ICU祭は毎年1万人が集まるICU最大のお祭りです。

例年10,000人を越えるみなさまが参加されています。

ICU祭には多くの学生が個人やサークル・有志団体という様々な形で参加します。

模擬店や展示発表、演劇やライブなどの多種多様な企画を行います。

ICU同窓会新聞(アラムナイニュース)でも、
「同窓会は例年同様、さまざまな企画を催した。カイロプラクター佃 隆さん(同窓会理事、44 ID00)による本館前の姿勢の専門家チェック、あらむ以内ハウス1Fでの「健康教室」が安定して人気で、たくさんの人を集めた」と記事を掲載いただきました。

みなさまのご支援、ご協力に

感謝します

 

ICU同窓会への

寄付金の総額(14年間)

 

計793,675円

 おかげさまで、ICU同窓生佃 隆(44期)の経営するファミリーカイロプラクティック三鷹院からICU同窓会への寄付総額が過去14年間で793,675円になりました。

 ファミリーカイロプラクティック三鷹院はICU祭でのICU同窓会企画の「姿勢チェック及びカイロプラクティック健康講座」の収益の全額、及びICU関係者の来院お1人様につき1,000円をICU同窓会に寄付しております。

 同院はカイロプラクティックサービスを通じてICU同窓会発展の支援をするという趣旨の元、本ICU祭に出展させていただいております。



お家でできる、姿勢チェックの方法を練習しています

参加者のみなさまのご感想

・最近よく「骨盤のゆがみ」と聞くけれど、それが実際に体にどう影響するのか 知りたかったのですが、健康教室を聞いて、体がかちこちになって、肩こりや疲れが 出やすくなるということがわかりました。


・日々のささいな動作や姿勢に気をつけて、健康を維持したいと思います。

・ゆがみを再認識。なぜダンスの時自分の今の苦手な所があのように出るのか、自分の癖の源(?)が分かった。右足と左足のバランスがequalになった。

・体の軸を感じられるようになった。

「健康教室に参加する前は、どうして姿勢を正すだけで全身の悪い所がよくなるのか わかりませんでした。

教室を聞いて分かったのは、急によくなるわけではないが 少しずつでも体の回り方がよくなる事が分りました。


これから全てがうまくいくように前向きに、そしてステキな姿勢で生きていけるように活かしていこうと思います。

姿勢チェックは300円の年と500円の年がありました。500円の年は姿勢の写真を撮影し、データ分析したものをお渡ししました。

 

300円の場合はカイロプラクターによる姿勢検査とアドバイスです。

 

ICU同窓会では、人気のICU饅頭もあります。これまた美味しくて、いつも完売してしまいます。

 

お友達、ご家族お誘いあわせでどうぞ!もちろん、おひとりでも十分に楽しめます。

 

左の写真は妻と娘の3歳の時の写真です。

マスコットと一緒に写真を撮って、喜んでいました。

   

 

 

三鷹 吉祥寺 の ファミリー カイロプラクティック 整体院 腰痛 肩こり 頭痛 専門 クロスバー

ICU現役生を対象に講演をしました

三鷹 吉祥寺 の ファミリー カイロプラクティック 整体院 腰痛 肩こり 頭痛 専門 クロスバー

2010年 6月5日(土)17時〜19時 第1回AOLS交流会講師として
現役ICU学生23人の前で講演を行いました。


左から順に ICU同窓会事務局員相澤さん
AOLS交流会代表:牛島さん
講師:佃 隆

AOLS過去の講師一覧
渡辺まりさん、平田オリザさん、鏡リュウジさん、ジョン・カビラさん、小林靖さん、奥泉光さん、平野次郎さん、桜井理子さん、北野宏明さん、秋山豊寛さん、松岡佑子さん、島田博正さん、加藤陽之さん、高村薫さん、森枝卓士さん、奈良橋陽子さん、下館和巳さん、星野博美さん、上岡裕さん、橘高真佐美さん、岡部あおみさん、角田雄彦さん、浅井和子さん、雨宮健さん、ハンス・シュローダーさん、小野耕世さん、森本二太郎さん、酒井鋼一郎さん、石塚雅彦さん、行田邦子さん、酒井忠昭さん、花岡直美さん


参加者のみなさんでお互いに
姿勢チェックをしています

内容
・カイロプラクティックケアの10の魅力  
*自分でできる、かんたん姿勢チェック&ストレッチ

*カイロプラクティック施術の実演

・ICU在学生へのメッセージ
学生時代にわくわくする仕事を見つけた
エピソード


カイロプラクティックの施術の様子

代表でお1人カイロプラクティックの施術を
受けていただいております。

みなさん真剣に見ていただいています。

 

参加者のご感想

・姿勢の矯正が魔法みたいに見えるが科学的、理屈があるという点に驚いた。

・骨格の矯正の目的の根本は神経の流れを良くするというのは驚き。マッサージや整体と同じように思っていたが、実際に見たら魔法みたい。

 

 


筋力検査をしています

・科学的、理屈があるという点に驚いた。

・本当にその場で良くなるのか?でしたが、実際にやってもらって体が楽になることを実感した。

・施術者の感覚に頼るところが大きいと思っていましたが、カイロプラクティックには哲学や理論があり、膨大な知識が必要なものだと理解しました。

・第3者が見て効果が表れるのか疑問でしたが、デモンストレーションを見て考えが変化しました。

 


施術の前後の即効性に思わず笑顔

・関節になにかするものと思っていましたが、神経にフォーカスを当てていることが興味深い。

・カイロプラクティックそのものがよくわからない、整体の一種?という認識でしたが、理論をもとに構成されているのが素晴らしい。

・実態が知れないものだと思っていましたが、科学的なのでびっくりしました。

・マッサージと同じように思っていましたが、科学的だということがわかりました。

・わくわくしたものに飛びつく、というメッセージに自分の背中を押されるようだった


姿勢を良くする天地人ポーズの方法

〜ICU在校生から佃 隆へのメッセージ〜

・自分も受けてみたいと思った。

・ICU祭を楽しみにしています。ICU祭、今年はぜひ参加します!

・カイロプラクティックに興味をもちました。

・目からうろこでした。

・自分の体が歪んでいることがよくわかりました。まず姿勢から意識しようと思います。

・カイロのお仕事を身近に感じることができました。

・早く保険に認められて、安く施術を受けられるようになりたいです(笑)

・ICUへの思い出を持っていることが分かって、親しみを感じました。

・人柄が素敵でした!

こんにちは。院長佃 隆はICU2000年度卒、44期、ID00です。

 

1996年当時三重県津市に住んでおり、大学受験生でした。

1996年1月14日にぎっくり腰になり、2週間寝込みました。幸いカイロプラクティックのケアを受けたことで、急性腰痛が改善し、1996年2月3日にICUを受験することができ、無事に合格することができました。

 

ICU入学式の前日に東京のカイロプラクティックの先生を紹介してもらい、以後ICU在学中数十回通院しました。入学当初は国連職員やアナウンサーになることが夢でした。

 

3年生の時に旅行したスペインが気に入り、スペインで家を買って住もうと思い、場所を選ばないということと、自分の体を治してくれたという実体験のもと、カイロプラクティックの道に進むことを決めました。

 

1999年2月からカイロプラクティックの専門学校に入り、当時大学4年生だった1999年7月に三鷹に店舗を構えました。

 

おかげさまで、現在も来院いただいているみなさまの4割の方がICUの卒業生、現役学生、教員、職員、そのご家族のみなさまです。

 

ICU関係者の方の場合は初診料7,000円の内、1,000円をICU同窓会に寄付させていただいております。

 

●佃のICUでの活動

1年生:アメリカンフットボールクラブ、イヤーブック、SSS(Spanish Speaking Society)

2年生:イヤーブック、SSS

3年生:イヤーブック、SSS、写真部部長

4年生:カイロプラクティックサークル立ち上げ

 

2001年〜2008年 ICU同窓会理事

2008年〜現在 ICU同窓会評議員

 

●現在

ICU同窓会 三鷹支部 代表 

 

●ICUの学生さんからICU関係者に向けてのメッセージ

ICUの学生さんで、通院者の方から嬉しいお声を寄せてくださいましたので、ご紹介します。


【お名前 Y.O  武蔵野市在住  年齢:22 性別:男性 ICU生】
症状:姿勢のゆがみ

 

ICU関係者のみなさまへ

三鷹駅近くという立地に加え、先生がICU出身ということもあり、
ICU生には親しみやすくまた安心して通えます。
課題が多く、姿勢が悪くなりがちのICU生ですが…姿勢が改善されるだけで
体の調子が良くなり、勉強にもより集中することができます。


学生の間に姿勢を良くして、楽しい大学生活をみなさんも送りましょう!!

 


【お名前:K.S 住所 :三鷹市 年齢:23 性別:女性 職業:学生】

ICU生は毎日忙しく精力的に活動される方が多いと思います。
グローバルに活躍するためには健康管理が欠かせません。
目まぐるしい生活の中で少しでも自分を思いやる事を初めてみませんか?
カイロプラクティックできっと人生がより良く変わるはずです!

 


三鷹・吉祥寺 最寄のカイロプラクティック( 整体 ) 地図

三鷹 吉祥寺 カイロプラクティック 整体院 上へ戻る


三鷹 吉祥寺 西東京 武蔵境 最寄 ファミリーカイロプラクティック 整体 腰痛 肩こり 頭痛 専門 お客様の声




カイロプラクティックとは

ICU カイロプラクティック健康教室

ゆほびか2012年11月号で、院長佃隆考案の『天地人のポーズ』が8ページ特集されました。

全国の小児科医院に置かれている(株)GAP JAPAN発行のHappy Kids Life(親子のコミュニケーションガイドブック)のクリニックの特集で掲載されました。

 HOME

 当院の特徴

 当院について
 院長 佃隆について
 国際基準
 カイロプラクティック
 対応症状
 症状の説明
 リンク
 小冊子プレゼント
小冊子「カイロプラクティックケアの10の魅力」
 
 




あなたは三鷹 吉祥寺 西 整体院 腰痛 肩こり 頭痛 専門 カウンター人目の
来訪者です。
 

Copyright (C) 2007- Health Education Inc. All Rights Reserved